JUGEMテーマ:トライアスロン

 

雨が予想されていましたが、曇りと絶好のトライアスロン天候となりました。

この大会は九州選手権と各県の国体予選会を兼ねています。

大分からも多くの選手が参加しトライアスロン競技を競い、また楽しみました。

【九州選手権+国体大分県代表予選の部】

大分県から、男子 ふるさと選手を含め5名の選手、 女子1名が参加しハイレベルなレースとなりました。

新田選手は2位でスイムアップ、バイクはファーストパックで戻り、ラン勝負で3位に入賞。

女子は野中典子選手 スイム、バイクと健闘。

【一般エイジの部】

風がだんだん強くなり、引き潮と合わせて沖での波が高くなり、スイムで数名がDNFとなる海コンディションとなりました。

野仲勝彦選手 総合5位 エイジ1位。山崎和絵選手 女子16位 エイジ3位に入賞。

パラトライスロンのJTU強化選手の荒 力選手、大分県連合の村上幸生会長も参加しました。その他8名 合計13名の選手が一般エイジの部に参加しました。

また、大分県から6名の審判員が派遣され審判業務を行ないました。

【審判】渡辺副会長、櫛山事務局長、長野(直)、大富、石井、長野(安)

【リザルト】

九州選手権・国体予選の部                               

        順位  県内順位  氏名        記録   

男子    3位     1位    新田 城二 1:57:04

        20位   2位    秦 陽一郎  2:10:02

        31位   3位    新地 義昭  2:13:50

        33位   4位    甲斐 祐輔  2:17:00

        35位   5位    徳丸 雄一  2:17:43  *ふるさと選手               

女子    11位   1位   野仲 典子  2:36:01

                                       

一般エイジの部入賞 

        順位 エイジ順位 氏名  記録   

男子    5位     1位    野仲 勝彦 2:06:46

女子    16位      3位    山崎 和絵  2:45:25

他の一般エイジ選手リザルト↓ 

http://amakusa-triathlon.jp/wp-content/uploads/2018/06/2018一般.pdf

*スイムで心肺停止の事故がありました。幸いにも蘇生し、救急搬送されました。皆さんも体調には注意お願いします。

 

(報告 堀田)

コメント
コメントする